本のヒゲブログ

Salesforceエンジニアの書評 1記事1000文字以内で書きます

「謙虚なコンサルティング」を読んだ

f:id:hiro610213higeway:20170817225549j:plain

全体の感想

提案力・説得力のスキルに関してのコンサル攻略本は巷に山ほどありますが、本書はクライアント自ら解決できるように支援をすることに重きを置いています。

実際に著者が経験したクライアントとのやりとりをcaseとして挙げ、良かった・悪かった点を述べて降ります。もし読者が似たような経験をしていれば、それらをcaseと照らし合わせてみると「あの時こうしたら結果は変わっていたかもしれない」と気づきを与えてくれると思います。

印象的な文章

行動は観察するものであって判断を下すものではない P104参照

コンサルタントが行動の結果を判断し、解決策を提示するのではなく、相手に気づかせるための支援を行うべきだと。

コンサルタントが自ら判断を下した場合、クライアントの学びになりません。判断を気づかせるために手助けをしなくてはなりません。学びがない状態で解決した場合は、その後また同じ悩みが生まれる可能性があります。

また、クライアントが自ら解決できるように支援するにはある程度関係がよくないと難しいと述べております。本書によるレベルの定義は以下です。

  • レベル1 :取引上の、お役所的な、ほどほどの距離を保った関係
  • レベル2 :個人的な関係
  • レベル3 :親密さ、愛着、友情、恋愛感情

関係は良すぎても悪くてもよくないので、求めるべきはレベル2です。レベル1の関係では包み隠さず相談してもらうのは難しいです。想像してみてください、自分(クライアント)が相手(コンサルタント)とLV1の関係だとしたら、深いところまで悩みを打ち明けることはできますか。

最後に

コンサルトは「相談する」と言う意味です。人間誰しも友人、家族あるいは仕事仲間に相談をしたり、相談に乗ることがあります。本書を読めばこれまで以上に人の話を上手く聞き、謙虚に問題を解決する糸口を提供できるかもしれません。

私自身、前のめりなコンサルティングより、謙虚なコンサルティングをしたいし、そうされたいと思っています。

本書は昨日読み終えたばかりでまだ全部の理解はできていません。ただ、「今後の人生で役に立つ」と感じたので、何度も読んで体に染み込ませたいと思います。